2019.10.09清掃活動

砂浜回復活動の実施

当法人の大昭和紙工の社員の皆さまによる砂浜回復活動が実施されました。従来の麻袋ではなく、大昭和紙工製の紙袋で試行しました。

日本の本州で初めてアオウミガメが産卵・ふ化、大海に旅立ちました。サンクチュアリの34年間の活動で初めてのことです。アオウミガメは、従来、小笠原諸島や屋久島など暖かい海岸で産卵するウミガメで本州(遠州灘海岸)では産卵・ふ化しませんでした。今年は、海水温が高いため台風の発生が続いていますが、地球の温暖化や気象変動が影響していないことを願うばかりです。アオウミガメはアカウミガメより体が大きくお腹は真っ白です。体の輪郭の白が目立ちます。

親と子のウミガメ教室の子ガメ観察会は、中田島海岸にて実施しました。

会場となった海岸はレキ化が進んでおり、市民の方々に現状を知って頂く機会となりました。

回収ゴミの分別と漂着した漁網の回収作業をしました。

海岸に設置したごみ箱 2週間で一杯になります。

2019.06.22砂浜回復事業

砂浜回復事業と保護柵整備活動

遠鉄建設グループさん150人による砂浜回復事業と保護柵整備が行われました。

サンクチュアリ  ネイチャーセンター
サンクチュアリ ネイチャーセンター
〒430-0845 浜松市南区中田島町 1672-3
TEL:053-444-5539 / FAX:053-443-0904
事務局
事務局
〒433-8123 浜松市中区幸 2-17-9
TEL:053-475-6535 / FAX:053-475-6548
MAIL: umigame@sanctuarynpo.jp
  • 緑の地球防衛基金
  • 地球にやさしいカード
  • SDGs
copyright © sanctuary NPO All Rights Reserved. 画像、文章の無断転用を禁止します。
pagetop