2022.03.26セミナー・報告会

大昭和紙工(株)様 新人研修を行いました

当法人会員の大昭和紙工株式会社様の新入社員の研修を行わせていただきました。浜松海岸で砂浜回復事業の実施後、ネイチャーセンターでアカウミガメや海岸環境について勉強会を行いました。22.3.26大昭和紙工集合写真

サンクチュアリエヌピーオーは、2020・21年度「ゆうちょ銀行の寄付プログラム」のご支援を頂き、上記タイトルの事業を実施しています。マイクロプラスチックの削減と海岸環境の改善による生物多様性の保全は急務です。多くの方々にご参加頂き、プラスチックごみが海には入ることを防ぎ、遠州灘海岸を野生生物が安心して繁殖出来る海岸として守るために実施しています。

 

「ゆうちょエコ・コミュニケーション」とは、環境保全活動に地域住民とともに取り組む団体を支援することで、ゆうちょ銀行と地域社会・地域住民の相互コミュニケーションを深め、地域社会の持続的発展に貢献することを目指す取り組みです。

ホームページは以下のリンクから

YEC_designplan_1line_0128ゆうちょ

 

会員の皆様を対象とした公開産卵調査は7月31日をもって終了致しました。

本年は、産卵がなかなか進まず、7月になってやっと連続して産卵が始まりました。

公開日が7月だったことから、参加者の皆様には調査を体験していただくことが出来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


マイクロプラスチックゼロプロジェクトの14基のゴミ箱に掲示するイラスト14枚が決まりました。

多くのご応募ありがとうございました。

微笑ましいイラストで、海岸のごみを拾いしてくれている人たちの心を和ませてくれていることと思います。

採用させていただいたイラストは、看板にして既にごみ箱に設置してあります。

この夏、遠州灘海岸のごみ拾いをしながら、是非イラストをご覧になってください。

 

採用イラスト

 

看板イラスト14看板イラスト9看板イラスト8 看板イラスト1 看板イラスト13 看板イラスト7 看板イラスト6 看板イラスト5 看板イラスト11 看板イラスト10看板イラスト12看板イラスト4 看板イラスト3 看板イラスト2

9月16日に、静岡大学教育学部附属浜松小学校にて、プラスチックやマイクロプラスチックによる野生生物への被害やマイクロプラスチックの回収方法について出前講座を行いました。

こども達にも分かりやすくプラスチックと環境問題について学んでいただくために、今年当法人が製作した絵本『まづかさんのマイクロプラスチックのお話し』のアニメーションバージョンを初公開させて頂きました。

 

また、水槽を使ったマイクロプラスチック回収実験では、クラス中から「やってみたい」と大きな声で手を挙げて関心を向けていただきました。

子どもの頃にこのような好奇心を持って活動に参加してくれた子どもたちは、大人になってからも環境に優しい人に成長できると思います。

 

サンクチュアリエヌピーオーでは、好奇心、活動、感動、継続(4K)を重視しており、子どもたちへの感動教育活動に力を入れています。

出前講座は随時受け付けておりますので、事務局までお問い合わせ下さい。

また、『まづかさんのマイクロプラスチックのお話し』はサンクチュアリネイチャーセンターで頒布しております。アニメーションは今後順次頒布させていただきます。

 

 

事務局TEL:053-475-6535

サンクチュアリネイチャーセンター:053-444-5539

 

ホームページ

サンクチュアリ  ネイチャーセンター
サンクチュアリ ネイチャーセンター
〒430-0845 浜松市南区中田島町 1672-3
TEL:053-444-5539 / FAX:053-443-0904
事務局
事務局
〒433-8123 浜松市中区幸 2-17-9
TEL:053-475-6535 / FAX:053-475-6548
MAIL: umigame@sanctuarynpo.jp
  • 緑の地球防衛基金
  • 地球にやさしいカード
  • SDGs
copyright © sanctuary NPO All Rights Reserved. 画像、文章の無断転用を禁止します。
pagetop