2018.01.29その他

子ガメへの光の影響調査

2017年9月、子ガメへの光の影響調査を実施しました。特に浜松海岸はナイター(水銀灯・蛍光灯・LED)の光が漏れるため、砂浜に放たれた子ガメたちは、予想通り陸側の光に一目散に向かってしまいました。これでは、ふ化した子ガメは、海に戻れません。夜間の人工光の影響の大きさを改めて痛感しました。

 

海岸に漏れるLED

海岸に漏れるLED

 

 

2017.05.14産卵調査

ウミガメ卵の保護柵整備

10日からアカウミガメの産卵調査始まりました。

保護柵は、卵を保護するための場所で整備してから使用します。会員とナイスの皆さんで整地作業やゴミ拾い、植物の根を取り除き準備が整いました。

 

7

2017.05.14清掃活動

ビーチクリーンアップ

29年前、海岸清掃は重機を使わず手で拾おうと提案してからビーチクリーンアップが始まりました。以前よりゴミが減ったようにも思いますが、プラゴミが紫外線で細かく砕け拡散していることが気がかりです。

 

6

子どもたちにもっと自然体験の機会を増やすために、2017/1/28、1/29、長野県阿智村清内路に出掛け、地元の原さんご夫婦をはじめ村の皆様の協力の下に開催しました。

 

6

7

2016.11.19セミナー・報告会

緑の地球防衛基金にて報告会

遠州灘海岸におけるアカウミガメ保護活動 -30年のあゆみ-と題して講演しました。写真は、馬塚理事長が、遠州灘海岸絵巻を手に持ち、遠州灘海岸の現状とアカウミガメの保護状況を報告しています。

 

5

サンクチュアリ  ネイチャーセンター
サンクチュアリ ネイチャーセンター
〒430-0845 浜松市南区中田島町 1672-3
TEL:053-444-5539 / FAX:053-443-0904
事務局
事務局
〒433-8123 浜松市中区幸 2-17-9
TEL:053-475-6535 / FAX:053-475-6548
MAIL: umigame@sanctuarynpo.jp
  • 緑の地球防衛基金
  • 地球にやさしいカード
copyright © sanctuary NPO All Rights Reserved. 画像、文章の無断転用を禁止します。
pagetop